地球のエネルギー資源

戦後、地球のエネルギー資源は石油に依存してきました。

近年では新興国が興隆し化石燃料の消費が膨大な量になってきたことからエネルギー資源戦略の見直しが求められるようになってきました。

 

産油国である中東では、化石燃料に依存した国家運営を見直し、原発政策を推進するように方向転換し始めました。

 

これによって有効に化石燃料を使えることが出来るようになります。化石燃料を手に入れる度に戦争を仕掛けてきた米でもエネルギー政策に変化が訪れています。米国内で天然ガスが採掘できるようになったことから、化石燃料への依存から脱却しつつあります。

 

ただ、LGPなどの採掘によって新たな環境問題が表面化しつつあります。次に、我が国においても国家のエネルギー戦略に変化が訪れました。

 

原発事故以降、石炭による火力発電が主力となっていましたが、日本海近海において膨大なメタンの塊であるメタンハイドレートがシンクタンクによって発見されたことから石炭と新たな再生エネルギー、そして原発の併用を試験的に行っています。

 

このように、地球のエネルギー資源は技術革新によって新たな資源が登場しています。これは資源革命とも言えるほど新たな政策転換がもたらされました。

コメント

コメントを受け付けておりません。