計画のポイント

野菜06

 

アフリカ大陸の北部には、広大な土地でもあるサハラ砂漠が有ります。
このサハラ砂漠は、世界最大級とも呼ばれており、東西5400キロメートル、南北1700キロメートルと言う広さを持つ地域でもあり、アフリカ大陸の約3分の1を占めると言われています。

この場所に太陽光発電設備を建設することで、アフリカに新しい産業を作り出せるとしており、これにより雇用を生み出すことが可能になります。
更に、アフリカの生活水準を向上させることが可能になるとしているのです。

サハラ砂漠には砂と言うものが大量にあるわけで、この砂と海水を利用することでウェハーやソーラーパネルを製造することが出来るとしています。
また、砂漠と言う場所の日射量は多くあることからも、太陽光発電に向いている環境でもあるのです。
太陽光発電は、光のエネルギーを電気エネルギーに変換をして電力を生み出すと言う仕組みにあることからも、1日の日射量により発電量が左右されるのです。

尚、発電された電力は、超伝導電線を利用して世界各国に送電することでアフリカの利益にも繋がり、活性化が行われるとしています。
更に、貧困地域に送電を行う事で生活水準を向上出来ると言うメリットがあるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。