研究開発費が必要

製品が市場に投入されるには、研究を通して様々な仮説を打ち立て一つ一つ検証し、実用レベルまで開発しなければなりません。

 

市場に出ている商品は様々な課題を乗り越えてきた兵たちであることは言うまでもありません。

 

太陽光発電パネルもそれに当たります。

 

材料原価のみを見て「それにしては高い」とご判断される方も中にはいらっしゃるかも知れませんが大切なことは、様々な検証を積み重ねた結果得られた材料選定であることを見落とされがちです。

 

氷山の一角とよく表現されますが商品の形事態は、氷山の水面上の部分にすぎず、水面下には様々な技術的なノウハウがギッシリと詰まっているため開発に裏打ちされた水面下の部分が、市場の厳しい風にも耐え続けられているものです。

 

ところで、太陽光発電のメリットは「家が利益を生み出す」というところが一番大きいです。法律で決められている中に「各家庭で自然エネルギーで発電された電気を電力会社は定められた単価でかいとらなければならない」という国からのお墨付きがあることです。

 

「買わなければならない」と決められた商品はまずありません。「太陽光で発電した電気は必ず買ってもらえる」これはものすごいことで絶対的なメリットと言い切っても過言ではありません。

コメント

コメントを受け付けておりません。