砂漠嵐の問題

メガソーラと呼ばれる産業用の太陽光発電では、環境に応じた形の対策が必要になります。
その一つに砂漠地帯での太陽光発電が有ります。
砂漠地帯では、砂嵐となり、太陽光パネルでもある太陽電池への影響が懸念されます。

 

 

太陽光パネルと言うのは、半導体素子で出来ているもので、複数のセルが集まって1つのモジュールを作り出しています。
一つ一つのセルに対して太陽の光が照射されることにより、起電力が生まれ電気エネルギーとして取り出すことが可能になります。
しかしながら、砂漠地帯での風は砂を運び、その砂が太陽光パネルの表面を覆ってしまう事で発電が出来なく可能性が出てくるのです。

 

 

また、砂漠地帯と言うのは、高温になりやすい環境でもあります。
昼間と夜間との温度差がとても激しいわけですが、太陽光発電を可能にする日中の気温は50度も60度も言われており、この気温が太陽電池の発電効率を下げることになるのです。

 

 

太陽光パネルと言うのは、高温度になることで発電量が低下してしまいます。
日本の中でも夏場の時期は屋根の上の温度は80度を超えるとも言われており、夏時期の発電量は少なくなる傾向にあるのです。
このことからも、砂漠地帯では様々な影響が在ると言う事なのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。